みんなのパワハラ事例

パワハラ事例を紹介

私を目の敵にする上司

以前私が勤める会社では残業が22時までというのが当たり前の時がありました。

私の担当している仕事も当初は忙しく、連日残業していました。

昨年から会社が新システムを導入したこともあり、全体的に煩雑な仕事から解放され徐々に帰社時間が早くなってきました。

体力的にもきつい毎日だったので、少しでも早く帰れるようにと私も色々な工夫をして仕事の効率化を図ってきました。

その結果私が担当している仕事は18時には帰れるようになり、社長からはお褒めの言葉を頂きました。

褒められた私の事が面白くなかったのかもしれませんが、突然ある上司が私のことを目の敵にし始めました。

18時に退社しようとすると「優秀な社員達は残業していて偉いよな。お前は残業しないでさっさと帰る駄目な社員だ。」と皆の前で言われます。

連日言われ続けるので精神的におかしくなりそうです。

仕事が片付いているにも関わらず残業代を目当てに残っている社員も多くいたので、私も会社に残って翌日の仕事の準備をしていたりもしてみました。

すると「なんでお前は残っているんだ。どうせ残業代が目当てなんだろ。お前の残業は認めないから早く帰れ。」と言われました。

会社の飲み会がある日などには他の者が担当している仕事を私に押しつけ、会費だけ徴収して出席できないようにします。

私が仕事で失敗をしようものなら朝から晩までずっと大声で罵られます。

一度だけですが、上司が犯した仕事のミスを私のせいにさせられて先方に謝りに行かされたこともあります。

ストレスの溜まる毎日で一時期円形脱毛症になってしまいましたが、もうすぐ上司が転勤でいなくなるのでそれまでの我慢と自分に言い聞かせて頑張っています。