みんなのパワハラ事例

パワハラ事例を紹介

職場での怪我を理由に解雇されました

学習塾で働いていた私、教室ではふざけないようにと、普段から生徒達には注意をしていました。

生徒は、人懐こい子達ばかりで、悪い子は一人もいないと思っていましたが、その日は、どうしても言うことを聞かない子がいて、あまりにもふざけるので、「そろそろいい加減にやめておきなさい」と、嗜めたのです。

叱られたことに腹を立てたのか、生徒は遠くから全速力で走ってきて、その勢いに任せて背後から私にドーン!と体当たりしてきました。私は、脊椎に大きな衝撃を受けて、強烈な痛みを感じながら意識を失い、倒れました。

その後は、意識が戻ったので、普通に授業をしました。

ところが翌朝は、上半身を全く動かすことが出来ず、ベッドから起き上がれなくなってしまったのです。

仕方なく、その日は、仕事を休みました。ベッドに横たわり天井を見つめながら「私はこのままどうなってしまうのか?もしこのまま半身不随の体になってしまったら・・・」と思うと、恐怖と悔しさで涙が出ました。

私が寝たきりになったため、生徒の親が私の自宅まで謝りに来たりするほどの騒ぎになりましたが、幸いにして、5日後、私は普通に起き上がれるようになりました。

出勤すると、体当たりしてきた生徒が私に謝ったので、「もう大丈夫だよ」と声を掛けました。

ところが、社長が「あなたには今日限りでやめてもらおう」と言い出しました。理由は、「騒ぎを起こして授業を休んだから」だそうです。

私は、治療費の全額負担と不当解雇による賃金の支払いを要求しました。私は職を失いましたが、間に人を立てた結果、その要求は通りました。