みんなのパワハラ事例

パワハラ事例を紹介

甘やかされた社長の息子のパワハラ

結婚前、小さな会社に勤めていましたが、そこでは平然とパワハラがまかり通っていました。

社長と、まだ20代の息子、そして外から雇った私達、女性社員数名というメンバーでしたが、社長の息子がすごかったんです。

子供のような容姿の息子は、基本的に怠け者で、朝起きられないという理由で休むこともしばしばでした。

でも休んでくれるなら、その方がいいのです。

問題は出社した時です。

私達はそれぞれ担当の仕事があって、それで精いっぱいだったのですが、社長の息子が自分の分を押しつけてくるのです。

一応、こんな息子でも役職者ということになっていました。

当たり前のように、役職者手当ももらっていました。

仕事は平社員以下でも態度は役職者以上で、自分が無能でこなせない仕事は、すべて私たちにまわします。

社長は見て見ぬふりをしています。

息子を溺愛していて、何も言えなかったのです。

仕事を断わると、息子はキレてしまいます。

ひどい時は物を投げたりするので、こわくて皆従っていました。

こんな状態ですから社員の入れ替わりも激しく、ここに勤めながらもっといいところを探し、見つかったらやめていくというのがよくあるパターンでした。

中には耐えらなくて、次の仕事が見つからなくてもやめていく人もいました。

ある日、入ったばかりの女性社員に強引に仕事を押しつけ、その人ができないというと、ヒステリックになった息子に、さすがの社長も注意したのです。

するとこのパワハラ息子はプイと、出て行ってしまい戻ってきませんでした。

次の日からも来なくなり、平和が戻りました。

その後、結婚でやめたのでどうなったか知りませんが、絵に描いたような、甘やかされた息子だったなあと時々、思い出しています。