みんなのパワハラ事例

パワハラ事例を紹介

海外の職場で起きた職権乱用によるパワハラ

海外で働いているのですが、職場で起きたパワハラ体験です。

割と少人数の場所で働くことになったのですが、その職場で働き始める前に、お給料の話は他のスタッフとしないで欲しいと言われました。

しばらくはそれを守り働いていたのですが、上司がスタッフを10分きざみで上げるのが気になったのです。

ここは全員が時給制なのですが、仕事の量にて終る時間が多少前後します。

それを上司が「君上がっていいよ」と1人あげてはその人が退社するとまた1人と上げるのです。

試しに上がったあと帰らないで待っていると次の人は上げません。仕舞いには「何か残るのに理由があるのか」と聞かれました。

なので外のコンビニで待ち、後に上がったスタッフと偶然を装い一緒に帰りながら話を聞くとスタッフ同士で悪口を言ったり、お給料の話をさせないためにしているんだそう。

そしてお給料の事に触れるとみんなお給料に差がありました。

他の人のも知っているか聞いてみたところ全員バラバラだったのですが、こちらの滞在ビザのステータスによって時給に差があったのです。

(永住権や一時滞在者やワーキングホリデー)それは法律で許されることではありません。

明らかに職権乱用の行為ですよね。

その後、女子職員に対し、全員に個別に面接があり、

結婚している職員にはいつ子供を作る予定なのか。次の職員の採用問題ではっきり知っておかなければならない。

わからない場合は旦那と相談していつか報告するように。

結婚していない職員には

・彼氏の有無

・つくる気はあるのか

・できたらどうするのか

等を質問されました。

そんな事答える権利は無いのですが、個別に聞かれ、答えないと終らないといった雰囲気だったので、今子作り中だと答えました。

数日後整理解雇の対象に選ばれました。

理由はそれだとはもちろん言われませんでしたが、明らかに、妊娠や出産をするとそれらの手当がめんどくさくなるからです。