読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのパワハラ事例

パワハラ事例を紹介

女だからという理由でリーダーにできないと言われやる気を失いました

前職ではパワハラによるストレスで体調を崩し、仕事を辞めることとなりました。

もともと社風がパワハラ系だったので、バカにできそうな人はとことんバカにして、それを可愛がっていると言っているような風潮はありました。

ある日突然の異動を命じられ、異動した先は新規立ち上げ部署で他部署からは孤立した部屋を用意されていました。

その日からの上司のパワハラは酷いものでした。

まず、事務員で一番下っぱだから毎朝机を雑巾がけすることを命じられました。

同時期に異動してきた同世代の男の子もいたのですが、正直仕事の出来はあまりよくありませんでした。

しかし、私と一緒にひとくくりにして仕事の出来が悪いと毎朝朝礼で名指しされて吊るし上げ。

挙げ句の果てにはこれ以上仕事できなかったら分かってるなと脅しのクビ宣言。

これで男の子は辞めていきました。

その後、私はだいぶ仕事ができるようになってきたものの、その他の人は皆男性ばかりだったため、上司の標的がそちらに移っていきました。

誰かがミスをすれば1日中怒鳴り散らす。

自分の歩んできた道は正しい、お前らの考えは間違っている。

毎日お酒を飲みに誘う。

上司のやりたい放題でした。

そして、たまたまある日の朝礼で私が辞めるきっかけとなったことを言われました。

「お前は仕事ができてリーダーができるくらいだ。しかし、女だからリーダーにはできない」と。

私はリーダーになりたかったわけではありません。

そのために仕事をしていたわけではないですから。

しかし、女だからという理由でリーダーにできないと言われた時は、流石にやる気を失いました。

ストレスもマックス、精神的にもボロボロ。

そして、自殺願望を毎月考えてしまうまで体調を崩してしまい、ついに辞めることにしました。

辞めてみて思ったことは、かなりマインドコントロールされていたなと思いました。

現会社ではそのようなことはなく、ゆったりとした日々を送っています。

ストレスを感じないって素晴らしいなと実感しました。

私と同じような状況の人がいたら、すぐに抜け出して違う世界に行って欲しいなと思います。