みんなのパワハラ事例

パワハラ事例を紹介

勤務先で、もっと痩せろ、人間性がダメだ、給料泥棒などパワハラを受けました

こんにちは。今回はテーマに沿って、職場で受けた実際のパワハラ体験談について出来る限り詳細にお話したいと思います。

あれは、四年制大学を卒業して、僕が一般の会社員になった時の事でした。入社した当時は、みんな上司も先輩も含めてフレンドリーに接してくれていたのですが、日が経つにつれて、その良好な態度が変わっていきました。こちらがきちんと言われた通りの業務をこなしていてもです。本当にあの時のことを思い返すと、はらわたが煮えくりかえってきます。以下、自分が実際に受けたパワハラについて記述したいと思います。

仕事内容はデスクワークでした。ちょうど通路で上司とすれ違おうとしたときの事です。「もっと端っこに寄って歩け!!お前は体型が太いんだから!!」と怒声を浴びせられました。その瞬間、ひどくショックを受けたのを今でも覚えています。もちろんそれだけでは終わりませんでした。仕事が忙しかった時の事です。僕は早歩きであちこち書類を持ちながら歩き回っていました。その時に先輩社員からキツイ一言。「○○君、走れ!!走ってもっとダイエットしろ!!はっはっは!」と、罵声を浴びせられると共に、まるで必死で仕事をしているこちらを馬鹿にしたようにあっさり言いました。すごく悔しかったのを覚えています。それだけではありません。

やや複雑な業務を訂正していた時のこと。一生懸命やっている最中に上司がやってきて、「お前はその業務だけじゃなくて、人間性も訂正しろ!!」などと罵られました。正直気の弱い僕は反論できませんでした。逆にその時に言ってやりたかったです。「お前こそ人間性を訂正しろよ。」と。

最後のとどめの一発で転職する気持ちになれました。業務の量が格段に多かった時の事です。頑張って仕事をしていたのですが、先輩と上司がこちらにやってきて、「南緯をトロトロしてるんだ!!こんなスピードでしかできないお前は給料泥棒だ!!」と、またもや怒声を浴びせられたのです。その時にもう転職するつもりになったのです。

以上がテーマに沿った職場で受けたパワハラです。少しでも皆様のご参考になれば幸いです。