読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのパワハラ事例

パワハラ事例を紹介

いつも馬鹿にされ笑われてミスをすると怒声を捲し立てられました

私が受けたパワハラ行為は男性上司によるものでした。今でもふとした時に思い出して足が震えます。

なので職業や地域はもちろん意図的にぼかした表現を使うので文章がおかしくなりますがどうかお許しください。

誰もいないところから「はぁー!!お前何をしとるんや!!!」と言う声が聞こえてきそうで今もあたりを見回しています。

この文章が元上司の目に触れないように祈りながら書いています。

私の働いていた会社はチェーン店で元上司は店長でした。そのほかは正社員は私を含め4人とパートさんが1人いましたが、全員女性でした。

女性同士の仲は悪くなくむしろいい方でした。

しかし入社からデブな私の容姿を子馬鹿にしていました。「ほんま~制服が破けないか心配や。見たないで」や「顔パンパン」笑いながら言われました。自分はデブでブスなのはわかっていましたが度々言われるので「止めてください」と言うと「冗談よ~冗談。こんな事で怖い顔すんなや~」と笑われて言われ自分が悪いと思い耐えました。

しかし、この元上司はお客さんが予定より多く来たりするとものすごくパニックになりミスを犯すと怒声が飛びました。

私も忙しいですし「すいません」と謝っていたのですが1か月ほどで気が付きました。他の人のミスまで私に怒っていたのです。

最初は忙しすぎて忘れたのかな?と思い自分がした行動を確認したりしていたので気が付きました。

そこで冷静に観察しながら仕事をしていると同じミス何回も繰り返している人は注意ぐらいなのですがその後私が急いで仕事をしていると「なんや!うるさいな!!」と怒鳴られ延々と私の批判を続けて他の人とは「さっぱりしたぁ~」と笑いながらおしゃべりをしていたのです。

うるさいなと言われましたが机を拭くだけなので音がするのか?と疑問がわきどうしようと悶々と悩んでいたのですがある日その元上司と社員が楽しそうにしゃべっているのが聞こえました。

「あいつさー間が悪いんじゃなくてなんかむかつくわ。理由はない・・いやあったわ。あいつが俺が機嫌が悪い時にそばにいるから悪いんや。

だから発散するならあいつや」と社員と笑いながら話していました。

視界がぼやけて立っているのに床がグニャグニャしました。

そばにいるのが悪いなら狭い店内では仕事ができません。

もう駄目だと思い家に帰り両親に話したら「会社の顧問弁護士がいるからその上の上司に話してもよけい立場が悪くなるし、自主退社しな。」と言われました。

親には相談していたので結論となりました。そして辞めました。

三年経った今でも不安剤を飲んでいます。ほぼ毎日顔が真っ赤で充血した目で10分以上怒鳴られ物をぶつけられたこともあります。

4年もそんな生活が続いたのです。

大した事はないと思うかもしれませんが、私にとっては自律神経が狂うほどの事でした。